メインイメージ画像

最近の医療用の女性用かつらについて

髪に関する悩みはとても多いですし、年齢や性別を問わず誰しもが抱く身体の悩みの1つといえます。それぞれの病気が原因で髪の毛が抜けてしまった時、必要になるのがかつらなのです。オシャレ用のかつらとはまるで機能や目的が違うため、それらは医療用として提供されています。脱毛を併発する病気や治療の場合、とくに女性用かつらは必要な品の一つです。脱毛症等のケースは症状が出て始めてからかつらを検討するものですが、ガン治療で抗がん剤の治療が決まっている場合は早めにかつらの準備をします。

なぜなら、かつらのことに手が回らなくなってしまうことがあるからです。

医療用かつらを選ぶなら、髪の増減に合わせられるようサイズの調整ができるものにします。事前に確認してみるのも良いです。手入れのしかたや手触りも一般のものとは違います。やはり人毛には劣りますが、洗った後の手入れが簡単であるというメリットがあります。

自然だという利点があるのです。

最近では医療用かつらも豊富なカラーバリエーションがあり、黒髪にグレーを混ぜた自然に近い色の品もあります。必要に応じてカットが出来る製品を発売しているメーカーもあるので、脱毛前の髪型を再現するのも可能になりました。女性用かつらは数多くあります。医療用かつらにはオーダーメイド、セミカスタムメイド、既製品があります。

セミオーダーはほぼ基準は既製品ですが、カラー変更やカットによりある程度個人の望んでいるものになります。

また、既製品には販売以外にもレンタル方式もあります。抗がん剤治療などでは、あらかじめだいたいの着用期間が分かっている場合などには大変便利です。長期レンタルになればそれにかかる金額が心配になりますが、会社によって10ヶ月とか1年を超えるとそのまま、かつらがプレゼントされるサービスを行っているところもあります。ご自身の都合や期間に合わせてお得にかしこく選ぶようにしましょう。